OUTLINE

新しく継続される写真シリーズ「Anatomical Observation」は「観察すること」、「物を視ること」に主題を置いたシリーズです。

植物画は15世紀のヨーロッパで科学研究のために描かれ始め、世界中で広く描かれるようになりました。植物図鑑などで使用された挿絵の多くは、希少な薬草学、植物学の記録としての役割を果たしていました。科学的目的を持って描かれたこれらの絵には、いわゆる一般的な草花を描いた絵画に見られるような感傷的な美しさは見られません。草花の外観的構造と細部の様子が正確に描かれ、その解剖学的な視点は情緒的な花の表現に慣れきってしまった私たちの意識にまるで警告を発しているようです。

このシリーズの制作過程では、植物を植物画の解剖学的なルールに従って配置し、カメラで正確にピントを合わせて撮影しています。また、植物画の描かれ方の基本に従ってデジタル画像上で加工されています。

私はこのシリーズを通して植物画に見られる鋭い観察手法を追体験しようとしているのだと思います。

 

The new ongoing photographic series "Anatomical Observation" focuses on the theme of "observing" or "seeing things".

Botanical illustrations began in the 15th century in Europe for scientific research and became widely used around the world. Many of the illustrations used in pictorial books of flora served as a record of rare herbology and botany. These paintings, which were painted with a scientific purpose, do not have the sentimental beauty found in the so-called common paintings of plants and flowers. The botanical illustrations depict the external structure and detail of the plants and flowers with such precision that their anatomical perspective seems to alert our consciousness that we have become accustomed to emotional representations of flowers.

In the process of creating this series, the plants are arranged according to the anatomical rules of botanical illustration, and are precisely focused and photographed with the camera. The taken photographs have been manipulated digitally according to the basics of how botanical illustrations are drawn.

The aim reflect upon the keen observation techniques found in the botanical illustrations.

 

 

L1010200 1

L1010199 1

L1010194 1

L1010195 1

_MG_5155_final* のコピー

_MG_5350 3_final***

_MG_5381 3_final*

_MG_5417_final2* のコピー